会社の通話代は意外とかかる|IPフォンを取り入れよう

男性と女性

簡単初心者向けからプロも

ラミネーター

水に強く簡単に作成

ラミネート加工ができるラミネーターは対応できる幅、ローラーの本数など様々な種類があります。個人利用や小売店の場合、値札や商品引き換えの札を作成したり、特に飲食店ではメニューなどに重宝します。ラミネート加工することで水に強くなるだけでなく、破れにくくもなるので全体的に強度が上がります。そのため、ラミネート加工している紙類は使い勝手がよく便利なのです。ラミネート加工するためにはラミネーターという機械を使います。個人利用や小売店、小規模の飲食店などでしたら、対応の紙サイズが小さく小型でローラーの本数も少ない安価なモデルで対応できます。仕上がりはローラーの数で決まります。2本ローラーを普通の仕上がりとすると、4本ではきれい、6本では大きなサイズの紙を綺麗に仕上げることができます。ローラーが六本のものは仕上がりの美しさに比例して、本体の価格も高額となります。また、業務用と位置付けられており、ラミネート加工を大量にする方や主に業務として使用する方など様々な人によって使用されています。さらに、特別に美しさを求めるシーン、対応できる紙のサイズの大きさが必要なシーンで利用されてることが多いです。業務用を想定した上級マシンには自動フィルムフィーダー、自動カットなど機能が多く大量生産する際には重要な機能です。しかし、クリニックの診察券や店舗の小さめなポップ、値札、飲食店のメニューなどを加工するのであれば、業務用途を想定した上位機種を購入しなくてもよいのです。そのような場合は、A4やA3に対応したコンパクトで安価な小型ラミネーターで十分対応できます。